SEO対策のご相談は福岡7eyes

エラーページもご用意を。ユーザビリティに配慮したページづくり

エラーページとは・・
出来上がったサイトを検証しましょう

エラーページ撲滅のすすめ(SEO対策以前の問題)

リンク切れ等はクロールが中断される為、SEO対策上不利となります

ホームページ制作において、検索ロボットとユーザー両者への気遣いが必要

主な次の3点

※指定したページが見つからない時に表示されるページ

※アクセス向上にも悪影響

それでも発生した場合は↓

エラー用のページ作成(ユーザー配慮)

※ユーザー側に立ったサイト制作・・

  • .htaccess作成
  • .htaccessに追加記述
  • サーバーへアップロード

この作業でオリジナリティのあるページも作成できます

例えば、403エラーの際は、ErrorDocument 403 http://7eyese.com/error.htmlというような記述を.htaccessに、
付け加えてください。ただ、ロリポップ等レンタルサーバー利用の場合は、
親切なエラーメッセージが出るようですので、お好みでそのまま使用してもよいでしょう。

※順位の上昇に伴い、コンテンツ内の中身もよく見られている事も同時に考えていかなければいけません

SEO対策と同時に、ユーザビリティにも気をつけながら作成しましょう!

権威あるサイトへ戻る

TOPページへ戻る

検索上位コンサルティングサポートはこちら↓

検索上位コンサルティング

HOME 7eyesについて 7eyes物語  サービス情報 作成実績 料金 プライバシーポリシー お問い合わせ
7skill WEBの今後 代表について 売れるHP W3C完全準拠 メルマガ登録 ニュース

HOME >権威あるサイト >エラーページ